2010年10月23日

ルーニー残留決定!5年の契約延長で合意



イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドは22日、所属するウェイン・ルーニーが新たに5年の契約延長で合意したと発表。

戦力強化でチームとの考えに隔たりがあるとの事で、一部報道が出ていたファーガソンとの確執ではなかたのですね。

確かに、ルーニーがレアルやバルサ、そしてインテルなどの他の国の強豪チームで躍動している姿も見たいですが、やはりルーニーには赤いユニフォームが似合う。ルーニーにとってもマンチェスター・Uにとってもこれが、ベストな判断だと思います。これからもゴールを量産してもらいたいですね。

posted by ルイ at 10:37| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とりあえず、騒動が収まってよかったです。
ただ、マンUファンとしても、いまいち、
釈然としない部分はあります。イングランド
メディアの一部報道によると、代理人が
仕組んだ芝居だそうですが、何か 裏が
あるように思えて仕方ありません。

今回はベッカムやニステル、テベスの時とは
違い、一方的なルーニーバッシングが起きました。
というのは 不倫問題で、メンタルバランスを
崩し、不調に陥り、スタメンから外れ、
あげくのはてに、チームの補強批判をして、
移籍希望をしたからです。ファンやメディア
からすると、お前の自滅だろうが!という
ことだったと思います。

スタメン干されて、ふてくされたルーニーに
どちらに転んでもいいように、代理人が
芝居を売ったという一部メディアの報道も
正しいと思われます。ベンゲル、モウリーニョ、
マンチーニは ルーニーの残留を読んでいました。
特にベンゲルは 騒動後も冷めたコメントを
出していましたね。彼は これは あくまで
サッカービジネスの問題だというニュアンスの
発言をしていました。
Posted by ken at 2010年10月24日 01:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。